×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■銀魂Comics summary■

 第三十七巻 『夏休みあけは皆ちょっと大人に見える』
第三十七巻 『夏休みあけは皆ちょっと大人に見える』
表紙:ニュー万事屋
2010/12/03発売
作者コメント: 担当のゼリービーンズ本田がホントにゼリービーンズみたいなツルツルの頭になりました。
どうやら
僕が読み切りを描くと百人単位の人間が
不幸になるようです。
 

第三百十九訓 『Z〜〜〜〜〜〜』
WJ_2010-35号掲載

主な登場人物: 猿飛あやめ、滅殺お仕置人(めっさつおしおきにん)の頭、坂田銀時、服部全蔵、婦長、志村新八、神楽、定春
大雑把ストーリー: さっちゃんは銀時に貰った度の合っていない眼鏡を掛け続けていた為に仕事をしくじり、仕置人に抹殺されようとしていた。
そこで“対殺し屋用殺し屋部隊用殺し屋部隊 必殺万事屋”として立ち上がる銀時達は、病院からさっちゃんを連れ出して全蔵の屋敷で仕置人を迎え撃つことにする。
 

第三百二十訓 『滅殺VS必殺』
WJ_2010-36・37合併号掲載

主な登場人物: 猿飛あやめ、服部全蔵、志村新八、坂田銀時、神楽、定春、仕置人bP/マクラの政(まくらのまさ)、仕置人bQ/Tシャツの辰(てぃーしゃつのたつ)、仕置人bR、4/チューペッドの酎兄弟(ちゅーぺっどのちゅうきょうだい)
大雑把ストーリー: 銀時達がボラギノールを買いに行っている隙に仕置人に潜入された服部邸。一足早く戻った神楽と定春は、居眠りをして全く緊張感のかけらもないが、第一の仕置人を抹殺し、続いて新八も第二の仕置人を片付ける。やっと戻った銀時が冷蔵庫から持ってきたチューペッドをどう分けるかでもめているところへ新たな仕置人が登場するが、チューペッドの恨みを買った第三の仕置人は銀時と全蔵の敵ではなかった。
 

第三百二十一訓 『メガネじゃ見えないものがある』
WJ_2010-38号掲載

主な登場人物: 仕置人の頭、チューペッドの酎兄弟、マクラの政、Tシャツの辰、服部全蔵、坂田銀時、神楽、志村新八、猿飛あやめ
大雑把ストーリー: 銀時は、倒した仕置人を頭に引き渡すと、「始末屋さっちゃん潰してェなら 殺し屋一個団体引き連れてこい」と強気なことを言う。だが、既に多勢の始末屋に囲まれていた銀時達は形勢が逆転してしまう。そして、一斉に突撃されたその時!復活を遂げたさっちゃんは、皆にもらった魂(こころ)を映すメガネを心にかけ、源外作の機械メガネで“メガネ流忍術奥義 百烈眼鏡天翔(ひゃくれつめがねてんしょう)”を放つ!
 

第三百二十二訓 『二度あることは三度ある』
WJ_2010-39号掲載

主な登場人物: 坂田銀時(姦視淫)、神楽、志村新八、長谷川泰三、月詠(アーノルド酒乱ツェネ娘)、晴太、桂小太郎、エリザベス、柳生九兵衛(ポール美乳マン)、志村妙(ロバート絶壁ス)、近藤勲、東城歩、猿飛あやめ、松平片栗虎、徳川茂茂
大雑把ストーリー: 長谷川の新たな職“大江戸プール”監視員の仕事を手伝い(?)に来た銀時。だが、お客の子供を怖がらせデカプリ娘(こ)にしか興味がない。そんな中、次々と現れるアホどもの暴走に怯える客達は数を減らし、ついには銀時達の貸し切り状態に。夏休みを楽しもうとしたその時!そこに現れたのは松平と…将軍!
 

第三百二十三訓 『プールといったらポロリ』
WJ_2010-40号掲載

主な登場人物: 松平片栗虎、徳川茂茂、坂田銀時、長谷川泰三、神楽、月詠、晴太、志村新八、志村妙、柳生九兵衛、近藤勲、猿飛あやめ、東城歩、桂小太郎、エリザベス
大雑把ストーリー: 一般客を追い出した所へやってきたのは海パンではなくブリーフを身につけた将軍。魔の海域(バカミューダトライアングル)でビーチバレーをする皆の仲間に入りたいと言う将軍を何とか楽しませようとする銀時と長谷川だが、意図せずも次々と将軍に災いが降りかかる。
 

第三百二十四訓 『夏休みあけは皆ちょっと大人に見える』
WJ_2010-42号掲載

主な登場人物: 志村新八、2年後坂田銀時、2年後神楽、イボ春、狛戌星(こまいぬせい)の配送員、定春本体、イボ勢(お登勢)、イボ(たま)、イボリン(キャサリン)、2年後志村妙、2年後近藤勲
大雑把ストーリー: 一週の休載(やすみ)明けに新八が万事屋へ向かうと、2年の時を過ごしてきた銀時と神楽がそこに居た。そして、定春やスナックお登勢の面々は向上心から生まれたイボにその身を乗っ取られていた!さらに、逃げ帰った自宅では、妙と近藤の夫婦生活が始まっていた。
 

第三百二十五訓 『冬休みあけも皆けっこう大人に見える』
WJ_2010-43号掲載

主な登場人物: 志村新八、2年後志村妙、2年後近藤勲、2年後柳生九兵衛(“かまっ娘倶楽部”のエース)、2年後マドマーゼル西郷、2年後桂小太郎(ヅラ子)、2年後エリザベス、真選組鬼の副長/2年後ジミー山崎、仏のパシリ トシさん(真選組元局長)/土方十四郎、真選組皇帝(しんせんぐみカイザー)/ソーゴ・ドS・オキタV世閣下(バカイザー)
大雑把ストーリー: 家でも邪魔者扱いされて真選組に入隊させられていた新八。工事を済ませた九兵衛とタマをとったヅラ子の“かまっ娘倶楽部”エースの座を競う様子を傍観している新八を、変わり果てた山崎と土方が迎えに来る。
猛将/坂田将軍の人質として捕らえられた新八だったが、土方は2年前と変わっていないことを知る。
 

第三百二十六訓 『GWあけも見えるっちゃあ見える』
WJ_2010-44号掲載

主な登場人物: タモさん、シンガーソングライターMADAO(まだお)、土方十四郎、志村新八、草野仁義、寄生型エイリアン/キューサイネトル(イボ春)、2年後神楽、ソーゴ・ドS・オキタV世閣下、2年後志村妙、十五郎(とうごろう)、2年後近藤勲、勲子(いさこ)、ヅラ子、ゴリ子、2年後柳生九兵衛、チ○子、坂田銀時
大雑把ストーリー: 変わり果てた世界にとり残された新八と土方。新八は、最近ツッコミをサボっていた為に罰を与えられているのではないかと言う。最後の悪あがきをしに、二人は自分が元いた場所へ戻ろうとしたその時、ニュースで皆の異変は、向上心にとりつく寄生型エイリアンの仕業だったことを知る。
そして、皆の暴走をハリセンで押さえた新八もまたイボだった。
 

第三百二十七訓 『ロウソクってちょっとドキドキするよね』
WJ_2010-46号掲載

主な登場人物: 志村新八、坂田銀時、神楽、レジェンド作家のゴリラ
大雑把ストーリー: お登勢から貰ってきた一杯のカニ。三人で仲良く分けようとするが、何故か連発する停電の度に足が減っていく。「食べてない」と言い張る銀時と神楽だが、ついにハサミ二本を残すのみとなった時、八本の足は全てこの二人の手中にあった。
 

第三百二十八訓 『カニのハサミは絆を断つハサミ』
WJ_2010-47号掲載

主な登場人物: 志村新八(志村将軍)、坂田銀時(マムシの銀時)、神楽(大五郎、伊賀者、カグラ・カニ・ゾースイ・ラピュタ)、カニミソ姫
大雑把ストーリー: 新八は知った。銀時と神楽が皆でカニの足を分け合おうなどど思っていない事を。そこで、新八は残ったカニの足を二人に差し出し、自分は食べづらい胴体で我慢するよと言い放つが、巧みな戦略で攻防を繰り広げる銀時と新八の隙を突いて、神楽がハサミ二本とカニ雑炊半分を手に入れる。
カニミソ姫の仲介で戦は治まるが、カニミソの高級な味は三人には好まれなかった。