×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■銀魂Comics summary■

 第三巻 『考えたら人生ってオッさんになって
      からの方が長いじゃねーか! 恐っ!!』
第三巻 『考えたら人生ってオッさんになってからの方が
      長いじゃねーか! 恐っ!!』

表紙:神楽
2004/09/03発売
作者コメント: 「チャピえもーん!」
「どうしたんだィ、ハゲ太。また集英社にやられたのかィ」
「大変なんだよ。この漫画二巻ぐらいで終わると
ハラくくってたのに、三巻も出やがるもんだから
もうネタがねーよ。」
「大丈夫だよ、ハゲ太。タラララッタラwww中古車。
これでジャンプのない世界へレッツゴー。」
「無理だよー、ジャンプは外国にまで触手をのばしてんだぜ…。
はっ!まさか…チャピえもん…死…。」
「さァ、レッツゴー。」
「チャピえもォォォォォん!!」
 

第十四訓 『コスプレするなら心まで飾れ』
WJ_2004-17号掲載

主な登場人物: 志村新八、陀絡、幕府官僚/禽夜(きんや・天人)、坂田銀時、桂小太郎(カツ〜ラ三世)、神楽
大雑把ストーリー: 宇宙海賊“春雨”は、幕府を抱え込み地球で麻薬“転生郷(てんせいきょう)”の密売を行っていた。
銀時は囚われた新八と神楽を助けに、桂は“転生郷”抹消のため春雨の宇宙船に乗り込む。
 

第十五訓 『男にはカエルに触れて一人前みたいな
       訳のわからないルールがある』
WJ_2004-18号掲載

主な登場人物: 近藤勲(過去)、土方十四郎(過去)、真選組隊士、沖田総悟(過去)、禽夜、山崎退、攘夷集団“廻天党(かいてんとう)”、原田右之助、、神楽、坂田銀時
大雑把ストーリー: 宇宙海賊“春雨”の密売に幕府の官僚が係わっていたという噂が攘夷派浪士の間に広まり、暗殺を画策している。
真選組は官僚/禽夜の護衛をする事になるが、禽夜の身代わりに近藤が負傷する。
 

第十六訓 『考えたら人生ってオッさんになってからの方が
       長いじゃねーか! 恐っ!!』
WJ_2004-19号掲載

主な登場人物: 神楽、長谷川泰三(“駕籠屋韋駄天”ドライバー)、定春、坂田銀時、屋台の親父、志村新八、軍曹、お登勢、志村妙、近藤勲、桂小太郎、沖田総悟、ハタ皇子、チンピラと妻のさち子
大雑把ストーリー: 一時のテンションでグラサン以外の全てを失った長谷川は就職活動をしていた。銀時の意見に従い、グラサンまでも捨てた長谷川はタクシー会社への就職が決まった。
“目的地”を持った客達に続き、自分と同じ“迷い子”銀時が乗車して来た。
 

第十七訓 『酔ってなくても酔ったふりして上司のヅラ取れ』
WJ_2004-20号掲載

主な登場人物: 志村妙、坂田銀時、神楽、志村新八、定春、近藤勲、土方十四郎、沖田総悟、原田右之助、真選組隊士、山崎退
大雑把ストーリー: お花見に来た万事屋一向は、お妙手作りの弁当「かわいそうな卵」に困惑していた。
そこへ、真選組一同も花見にやって来るが、万事屋へ「場所をゆずれ」と勝負を持ちかける。勝負の方法は、“第一回陣地争奪、叩いてかぶってジャンケンポン大会”。
 

第十八訓 『男ならとりあえずカジキ!』
WJ_2004-21号掲載

主な登場人物: 志村新八(次郎河童)、坂田銀時(太郎河童)、神楽(三郎河童)、海老名(えびな・天人)、地主、小東(こひがし)、野島(のじま)、池のほとりの少女
大雑把ストーリー: 万事屋3人は池で釣りをするが、天人が持ち込んだ奇怪な魚しか釣れない。神楽が釣り上げたモノは、河童そっくりな天人、海老名だった。
地主の嫌がらせにも引き下がらない海老名は過去に、肺を患った少女と約束を交わしていた。「…酔狂にもほどがある、つきあいきれない」と引き上げる銀時ら。
月夜の晩、工事を始める地主達の元に万事屋扮する河童三兄弟が…。
 

第十九訓 『アイドルだって ほぼお前らと同じことやってんだよ』
WJ_2004-22・23合併号掲載

主な登場人物: 志村新八、軍曹、寺門通、アイドルグループ“反侍(はんさむ)”リーダー/GOEMON(ゴエモン)、坂田銀時、神楽、定春、タモさん
大雑把ストーリー: 茶店でお通の新曲に涙する新八。感動も束の間、軍曹が読んでいた新聞の「お通熱愛発覚」の記事にショックを受ける。
その後万事屋では、「お天気お姉さん結婚」のニュースを見た銀時と立ち直れていない新八の現実逃避行動が行われている。
そこへ訪ねて来たのは、脅迫状まがいの手紙に悩むお通だった。
 

第二十訓 『飼い主とペットは似る』
WJ_2004-24号掲載

主な登場人物: 坂田銀時、定春、桂小太郎、地球外生物/エリザベス、志村新八、神楽、タモさん、キャサリン、お登勢
大雑把ストーリー: 往来で定春の粗相に手を焼く銀時に「ペットのしつけも出来んとは情けない…」と声をかけた桂の隣には坂本が置いて行ったエリザベスが。
万事屋一向は“豪華商品”に釣られ「第一回 宇宙で一匹 変てこペットグランプリ」に出場する事に。対戦相手は、“宇宙キャプテン カツーラ”とエリザベス。
 

第二十一訓 『襟足の長さと子供の憎たらしさは比例する』
WJ_2004-25号掲載

主な登場人物: 坂田銀時、お登勢、め組/辰巳(たつみ・子供時代)、め組/頭(かしら・過去)、神楽、よっちゃん
大雑把ストーリー: “燃えるゴミ”の日にジャンプを捨てに来た銀時は、不審火を消そうとしているところを辰巳に見つかり、放火容疑をかけられる。
“め組”に連れて来られた銀時の容疑は晴れたが、辰巳は頭に「(火消しから)足洗え、現場にも足手まといだから来るな」と言われてしまうが、「江戸一番の火消し」になる夢は消えない。
 

第二十二訓 『ストレスはハゲる原因になるがストレスを
ためないように気を配るとそこでまたストレスがたまるので
結局僕らにできることなんて何もない』
WJ_2004-26号掲載

主な登場人物: 頭(過去)、坂田銀時、辰巳(子供時代)、放火魔、シャボン玉の老人、志村新八、神楽
大雑把ストーリー: 銀時と辰巳が放火魔を待ち伏せているとコソコソ怪しい人影が…っと思いきや!“め組”の頭がエロ本を捨てに来ただけだった。
頭は、辰巳に自分と同じように背中に救えなかった者達の重い灰を背負わせたくなかった。
二人の話す傍らで銀時が読んでいるエロ本に薬品をかけ発火させた人物こそ“放火魔”当人だった。
 

番外編 『3年Z組 銀八先生 第二講』
赤マルジャンプ_2004-SUMMER掲載

主な登場人物: 坂田銀八、志村妙、土方十四郎、近藤勲、長谷川泰三、神楽、志村新八
大雑把ストーリー: 銀八「志村のたて笛が盗まれた。(犯人は)面倒なんでクラス内で適当に見つくろうことにした。
盗んだ奴は正直に手をあげろ、志村もケツにたて笛をつっこんで“翼をください”を演奏するだけで許してくれるって。」